2019年02月25日

山本さん渾身の一冊

 インフルエンザに罹ってしまい、現在自宅の一室で隔離生活を送っています。予防接種を受けたのですが絶対罹らないというものでもないので、日頃の体調管理不足がこうした結果になったものと反省しています。始めは高熱にうなされたものの次第に微熱となり、少しずつ座っている時間が増えてくると退屈になってきます。ちょうど数日前にネットで購入した鯉釣り雑誌が手元にありますので、久々に読みふけっています。その雑誌は「大ゴイ倶楽部」。数年ぶりの復活です。

 2月の初め、一通のメールが届きました。発信元はコスミック出版。「2月21日に発売される予定の新刊をご案内させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。」ご丁寧に新刊案内のPDF付きで内容もわかるように配慮しています。価格は税別1800円と高め。スポンサーが少ない分野だけに、こうした価格設定も仕方ないところなのでしょう。さっそくネット通販でポチッと予約。そしてしばらく忘れていたころ宅配便到着。開封してパラパラめくり、編集者を見ると山本和由さんの名前がありました。ご存知の方も多いと思いますが、数々の鯉釣り書籍を手掛けられた敏腕ライターです。

 個人的にはかれこれ10年ほど前から交流させていただいており、当時から山本さんは鯉釣りの手法を幅広く紹介し多くの人に楽しんでもらうことを目指していると語っておられました。その言葉通り、今回復活したこの雑誌はボイリーはもちろん、団子そしてハイブリッドあり、アオウオ、草魚釣りにも触れ、さらにはウキ釣り、延べ竿のミャク釣り、紀州釣りも取り上げるなど、山本さん渾身の一冊に仕上がっています。こうした内容であれば何度でも読み返したくなり、未経験の釣法から何かヒントを得ることも期待できます。

 山本さんの穏やかな中にもブレない信念を持ち、長年にわたり鯉釣り情報を発信し続ける情熱を見習い、自分もこの先できるだけ長く実釣とウェブ運営を続けていきたいと考えています。そのために今できることは、あと三日間おとなしく薬を飲み続けることでしょうか。皆様、下火になりつつあるとはいえくれぐれもインフルエンザに注意してお過ごしください。最後に、本文において意味不明な箇所がございましたら発熱のためとご容赦ください。
posted by mi◯ at 13:02| Comment(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: